はこのはこ

椅子と自転車と私

観戦モード

ここ数戦お休みしています。関西シクロクロス第9戦こそ走ります!
しかし走らず観るだけのシクロクロスは気楽に優雅に過ごせていいものです・・・

 

走るときはもちろんチームジャージを着用していますが、走らないときはチームジャケット着て過ごしています。

f:id:boxofhako:20180115215453j:plainもう覚えていただいているかもしれませんが、黒地に金の刺繍のあれです。
ジャージ・このジャケットはじめ、TOYO FRAMEのウエア系の販売はないのですが、今シーズンちょっと出てます。

夏の終わりに出たTシャツをはじめ☟、

boxofhako.hatenablog.com


最近キャップとバッグがでました。

f:id:boxofhako:20180115215614j:plainphoto:FABtroni+camera

キャップは100%アクリルで、折り返したところにTOYO FRAMEのタグと、東洋の刺繍がついてる。最近レース会場で頭を寒さから守ってるのはこれです。

バッグは手持ちも斜め掛けも出来るタイプ。わたしは紐を結んで片方の肩にかける仕様にしてます。色は迷ったけど泥汚れが目立たないであろう黒に。でも中身が探しやすいのは白かなあと思ったり(自分の財布が真っ黒なのでたまに迷子)。帆布製でぺらぺらじゃないので推せます。

 

どれもWebだけじゃなくで、レース会場のブースにもあるから通りすがりにでも見てね♡

アクセサリー – TOYO FRAME

レース会場のお供におひとつ。

 

 

 

1年

 

あれ、と思って見たら、はてなブログに移してから1年経ってませんでした。2017年2月が1つめの投稿なので、まあ約1年。

f:id:boxofhako:20180101182043j:plainMasahiro Koshiyama

シクロクロスのこと書いたり、サイクリングのこと書いたり、全然関係ないこと書いてみたり。シクロクロスや、自転車がある楽しみにちょこっと興味を持ってもらえたらラッキー◎くらいのスタンスのつもりです。

そんなこと考えてるくせに、自転車関係じゃない同級生とか地元の人に「読んでるよー」って言われたら、どんな距離感の人でも照れたりすることあるよね。ありがとうございます。

f:id:boxofhako:20180101183245j:plainChie Sakai

そのわりに身内ネタも書いてることもあると思うけれど、、、

写真があるからいいよね。

シクロクロスは本当に撮ってくださる方が多い。撮るよーハイチーズ、なんて撮られ方は滅多にない。シクロクロス始めて撮られまくって、自分の写真見て、「自分、思ったよりいい顔で笑ってるじゃん」って、前より自信持てた。写真で知り合いに簡単にシクロクロスのイメージ持ってもらえるだけじゃなくて、自分にも良いことあった。ありがたい。

f:id:boxofhako:20180101191150j:plainKei Tsuji

シクロクロスのCL2で前の方で走ってたのに、今シーズンついにCL1になって、後ろのほうで影薄く走って撮り忘れられないように頑張ります。CL1になってどうすんの?みたいに聞かれることがあるけど、気持ちはCL2と同じで、楽しく(そして安全第一に)走ることが最重要…。でもCL1で楽しく走るにはそれなりに準備が必要で、それが全然間に合ってないです。旅行先に来たもののお金がなくて職を探すことから始めてる感じ・・・今年の目標を決めるとともに頑張ります。

f:id:boxofhako:20180101192145j:plainFABtroni+camera

こうして、はてなブログは約1年ぽつぽつ更新してきてるけど、正直1番最初のデート延期ネタの2つが文章的には1番マシな出来な気がする。

更新続けます。

今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。
はこ

 

 

 

福岡に寄ってきたとさね

福岡に寄ってきました。

 

いつのまに時が過ぎたのでしょうか、もう年末です。帰省します。

新大阪から新幹線さくらに乗り、新神戸、岡山、福山…….博多に着いて、特急かもめに乗り換えて地元長崎まで。の前に今回は、博多に着いてそのまま寄ってくことに。

 

実は意外と来てない福岡。

福岡県は、佐賀県を挟んで長崎県の隣の隣県です。 関西でいうと兵庫県京都府のような。でも神戸駅から京都駅まで片道1時間1000円程で行けるのに対して、長崎駅から博多駅に行こうと思うと片道2時間4000円(高速バスだと2時間半で2500円)程。なんて遠いんだ…。

だから高校までは家族で車で買い物、または競泳の大会で、あとは大学のとき友達の家に遊びに。それがわたしと福岡の関係。

 

そんな福岡に降り立つ13:45。とりあえず宿に向かって荷物を預けて、新幹線内で頭に浮かんだ明太子を求めて、めんたい重とやらを食べに行く。Google mapに書かれている評価は、美味いが観光地用。納得して平らげてお店を出る。

 食後の運動がてら歩いて本日最初の目的地へ。運が良ければ・・・と思いながら向かうと、運が良かった間に合った。お店の看板より先に目に入るロードバイクたち。中に入ると あ、きた〜と迎えてくれた福岡のかっこいいおじさんたち。ここはCOFFEE COUNTY FUKUOKA。

COFFEE COUNTY(コーヒーカウンティ)は福岡市と久留米市にお店を構えるコーヒー屋さんで、福岡がバー&ショップになっている。そのカウンティの前身、MOZU coffeeをチーム名にしているのが迎えてくれた方たちなのだ。この日はRapha #festive500 のライドに行っていて、100km超走った後らしかった。時間はすこしだったけれど、カウンティでお話出来て嬉しかった!

かっこいいってこういうことだなーと(九州シクロクロスに行きたい気持ちが増すのも)感じながら見送って、豆買って、わたしも出た。

次は博多に寄るきっかけになった九州出身の職場の同期とワインを飲みに。やっぱり九州いいよね、という話から、「食べた記憶はどこでしてるのか?」という質問を聞いたという話までした(食は複雑だ。お昼の明太子だって脳のどこから出てきたのだろう)。最後のデザートに幻のタルトと貴腐ワインのセットというものを頼んだのだけれど、このセットは2人のお気に入りに加えられた。

そのまま彼女を〆のラーメンに誘って、教えていただいていたお店 つどい へ。食べた後に調べてたら出てくる出てくるつどい情報。お店で必ず湧くであろう疑問は解決したけど、また味わいに行きたいなーと思うお店であった。

そのまま博多でおやすみ。宿はファーストキャビン博多。以前のシクロクロス東京のときに泊まったあのファーストキャビン。知らぬうちに施設が増えていて、博多にもあったので喜んで予約したのであった。

 

-

 

初めて自由に回った福岡は、たった半日・半径数km以内だったけど、 福岡いいナーと想い始めるには十分だった。

もっと福岡と関係を深めたいなあと考えながら、特急かもめで長崎に向かう。

また来るけんねー福岡。

 

 

ホームにて

 

全日本前に感じていた杞憂はなかった代わりにマイアミで思い出した、わたしはあの選手のレースを見たら笑顔を抑えられない。

www.cyclowired.jp

 関西シクロクロス第5戦ビワコマイアミラン


今回は運よく、普段ヨーロッパで走ってるチームメイトの竹之内悠選手が関西シクロクロスに参加。(元数年にわたる全日本チャンピオンでヨーロッパを走っている彼に対して、チームメイトという書き方でいいのか未だにわかりません)

悠さんがいると、TOYO FRAMEのブースはもちろん、会場が華やぐ気がする。ウキウキするのはわたしなので、きっとぶ厚いフィルターがかかっていることでしょう。
でもやっぱり、悠さんと走れるのを楽しみにしている選手、レースを観たいと待っている観客、そして声をかけるスタッフがいて、うん、いい。

 

スポーツの成績に関しては、必ずしも幼いころから長くやってれば結果が出るものではないので、競技年数だけが重要なわけではない。

だけど今日悠さんも見てると、昔からここでやってきている意義を改めて感じる。

 

関西シクロクロス200回 大会おめでとうございます。悠さん再びヨーロッパいってらっしゃいませ。

 

-

「おいしいん?撮ったろか」って悠さん「目からクレープ生えてるけどいい?」

f:id:boxofhako:20171221184317j:plain

最近ブースに現れたクレープとチャイを食べて飲んでご機嫌な自分。

レースでは苦汁をなめた。

f:id:boxofhako:20171221190125j:plain

(Yoshihiro Takamaru)

 

 

全日本は全日本。

 

スタートラインに行ったとき、自分はこっち側でよかったと思った。

スタートラインの内側に並ぶチームメイト2人のジャケットを受け取って、それを抱いて外側から、張り詰めた空気と行く先を見つめる眼差しを感じながら、スタートの笛を待つ間のわたしは満たされていた。

f:id:boxofhako:20171215153713j:plainKasukabe Vision FILMz

 

スタートラインに行ったとき、自分はこっち側でよかったと思った。一先ず今年は。

来年の全日本は関西マキノ高原。デビューはマキノ高原で。それもありかもしれない。

f:id:boxofhako:20171215155406j:plain
FABtroni+camera 

 しかし今のところは非現実的。

やっぱり何度きても全日本は全日本で、自分のことは気軽に内側には入れられないなと。この日もチームメイトを眺めるだけで満足した。

 

なにはともあれ、スタートラインの内側か外側で、また来年も。

 

www.cyclowired.jp

 

 

主に野鳥が好きですという話

猛禽類医学研究所とTHERMOSが出した、猛禽たちがデザインされた限定のケータイマグを買いました。

f:id:boxofhako:20171203214339j:plain

描かれている鳥はシマフクロウ、北海道に生息する絶滅危惧種です。マグ売上の一部はもちろん野生動物の保護に使われるそう。2本買いました。1本は自分用、もう1本は親に。さすがTHERMOS、シクロクロス会場でも長いこと保温してくれます。

 

野鳥がすきです。

今や完全にネタにしてるんですけど、小学5年か6年のときに、当時(シクロクロスでは長靴で有名な)日本野鳥の会が行ってたバードウォッチング検定を受けに長崎から福岡まで行って、2級を取りました。検定は第4回くらいで終わったそうです。そりゃそうだよね、、

中学生になってからは学校が長いし競泳に忙しくして、熱心に見ることはなくなったけど、それでも今の今までずっと野鳥は気になる。おかげでシクロクロスバイクはカワセミカラー。ライド中も野鳥の鳴き声と姿に反応する。

 

いつか双眼鏡を首からぶら下げてライドしたいってぶつぶつ言ってたら某Jくんが
「冬は滋賀にオオワシ観に行くんすよ」って言うから冬の滋賀に行って遠目にオオワシ見たこともあった。バズーカみたいな望遠鏡がいっぱい立ってて、おじさんが覗かせてくれた。カモもハクチョウもいた。雪が残る滋賀もよかった。また行きたい。
その時は手元に双眼鏡なかったからぶら下げてはなかったけど、今ならマイ双眼鏡買えるかな。

 

最近はもうモズの高鳴きより、ジョウビタキの声やウグイスの地鳴きが聞こえて、冬やなあと思っています。

 

 

どうにもこうにも

 

(美山は苦手なのだ。)
メモリアルクロスで1度走っただけで思ってました。

CL1になると苦手なコースはさらに避けたくなる、でもレースを走らないとどうにもならん。そう思ってエントリーした関西シクロクロス第4戦 美山町向山。

f:id:boxofhako:20171204163537j:plain

こんな自分にも毎周回、声をかけてくれてありがとうございました。

走りながら9割謝罪、1割羞恥、僅かな後悔。嗚呼。髪ゴム無くして髪を広げたまま走っているのもさらに悲しくなってくる。

スムースに横を走り去ってくれるCM1選手のラインを1秒でも追ってみる。すぐ終わるんだけど、これが1秒ずつでも追える時間が長くなったら追い越されなくなるんだろうなとぼんやり思って見送る。CL1のトップ選手たちも美しいなと眺めた。

 

こういうコースは心肺も筋肉も疲れることすら許されずに終わるのだ。あ〜やっぱり苦手。

CL1を楽しめるようになるには程遠いなあ。それでも走らないとどうにもならん。

f:id:boxofhako:20171204163518j:plain

 

 関西シクロクロス第5戦マイアミにエントリー済です!!

 

 

photo: BOSS Y.Takagi