はこのはこ

椅子と自転車と私

シクロクロスバイクを用意しよう1

 

昨シーズンの関西シクロクロスびわこマイアミランドで、Toyo Frameの試乗車(鉄フレーム+カーボンフォーク)を借りて走ったのですが、フォークがカーボンというだけでやはり担ぎがえらい楽でした。思わず東洋のスタッフに担ぎが軽い!!とマイアミの砂浜を走りながら言ってしまったのを覚えています。

 

レース後
はこ「カーボンフォークか・・・」
東洋「来シーズンのシクロクロスバイク、フォークはカーボンにしてみる?」
はこ「いややめときます」
東洋「しないんか」

ということで新しいシクロクロスバイクは鉄フォークのままにしました。

 

カーボンフォークのつるっとした形も好きですし軽いのもいいんですけど、鉄フォークのあの細身からなんとなく離れられませんでした。

フォーク替えたら当然重さだけでなく所謂乗り味というかハンドリングも変わるのを体感。あのときの感覚が良いものか良くないものなのか、わたしにはわかんないけど、変わるのが実感できただけでも面白かったです。

 

フレームももちろん鉄のままです。